· 

白滝明神

大仙市協和峰吉川


集落の奥深くから流れる清流を辿ると入口が見えてきます。

地元の灌漑用池の水源となっているそうな。

 

 早朝に探訪していたらばここでワンコの散歩をされている地元の翁と鉢会う。

なんでもここの白滝明神を管理している方とのことでお話を聞くことができた。

奥までご同行願った。


《標柱より》

●菅江真澄の道  白滝明神

文政九年(一八二六)  白滝明神の由来を記録  (月の出羽路仙北郡)

小野中将の和歌に 

夏と秋  行きかふ滝や しら糸に 紅葉織込む かたひらの里

(菅江真澄の道 標柱リスト247)

 

《標柱より》

●第十八景  白糸の滝

昔は高善寺の修行道場として全国各地から山伏たちが集い、荒行をなした。

 

昭和27年秋田観光三十景に入選、脚光を浴びる。


 山道に入ってから徒歩で約10分ほど。

入口まえは駐車スペースがあります。一応。

翁と別れてここからは一人で滝へ向かう。

桟橋が湿気で滑りやすくなっておる。


かわいい。

 

 参道はそれほど長くはありません。

手前には不動明王を祀っています。

翁曰く、近頃はこれでもめっきり水量が減ったそうですが、それでもすばらしい景観です。

大仙の隠れた名スポットと言えるのでは。